2020年2月10日 (月)

アジア放送研究会から返信

アジア放送研究会に昨年12月8日に受信した「アジア放送研究会設立40周年記念の特別放送」の短波放送の受信報告書を放送内での紹介通りにEメールで送ったところ、QSLカードの返信が郵送でありました。

2221 c/on~2259 c/offの全受信を報告し、2221 c/on~2225の不明局の誤送信と思われる英語トーク、2225~2230の無音も報告しましたが、QSLカード記載の受信データは「13:30-13:59 UTC」となっていました。

発行ナンバーは第97号。

2019/12/8 2221~2259 7525kHz 日本語(一部中国語、韓国語、英語)放送受信
受信報告書同封物:無し
受信報告書作成言語:日本語
返信日:2020/2/10
返信日数:63日
返信物:QSLカード(データ記入あり。第97号)

01_20200210183601

02_20200210183601

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

最近の短波・中波受信ログ

前回(2019.12.06)
http://tvfmdx.cocolog-nifty.com/blog/2019/12/post-3e86ed.html
以降現在までの受信ログ

2019.12.08 Sun.
2221 7525kHz アジア放送研究会設立40周年記念の特別放送 Japanese (一部Chinese, Korean, English) SINPO45333
→2221 c/on、不明局の英語トーク(誤送信?)、2225 無音、2230 s/on、IS、2231 開始音楽、
 開始アナ(日本語、韓国語、中国語、英語)、2233 開始音楽、他。
 2256 終了音楽、終了アナ、2258 終了音楽、2259 終了音楽の途中でc/off。
 主に日本語番組だが、2246-2256は中国語(普通話)番組。開始アナ、終了アナは日本語、
 韓国語、中国語(普通話)、英語。

2019.12.11 Wed.
0250 3959kHz 朝鮮中央放送 Korean SINPO45444
→歌、0253 トーク、0255 終了アナ「…。ウリ パンソン ウン チュンパ … タンパ … チョタンパ
 …。チョソン ジュンアン バンソン イムニダ。ヨギヌン ピョンヤン イムニダ」、国歌、
 0257 s/off、0258 c/off
0456 3959kHz 朝鮮中央放送 Korean SINPO45444
→無音、0458 s/on、IS、ID「チョソン ジュンアン バンソン イムニダ」、IS、ID(同)、IS、
 0500 時報、国歌、0501 トーク、0502 開始アナ「…。チョソン ジュンアン バンソン …」、歌、
 0504 歌、0507 開始アナ「チョソン ジュンアン バンソン … チュンパ … タンパ … チョタンパ
 … タンパ …。ヨギヌン ピョンヤン イムニダ」、0509 歌
1750 13740kHz 中央人民広播電台中国之声 Chinese SINPO44444 QRM:1759- Voice of America on c/c(1759 s/on、英語ID、IS、1800 番組開始。中国語(普通話)放送)
→無音、1757 番組途中からs/on、お知らせトーク、1800 ID「中央人民広播電台中国之声」
 1759開始の同波のVoice of America中国語(普通話)放送の妨害用電波と思われ、1803に
 チェックすると他のパラのVOA中国語放送の周波数9795, 11650, 15150, 17720kHzも中央
 人民広播電台中国之声が強力に入感しており、そのバックでVOA中国語放送が聞こえていた
2054 5840kHz Voice of America Korean SINPO44444 QRM:Jamming on c/c
→無音、2056 1kHz変調音、2058 s/on、英語ID"This is the Voice of America, Washington
 D C. Sign on"、IS、ID(同)、IS、音楽、2100「VOA セギュエ ニュース」、2105「VOA News 
 Today」。
 //-9490kHz SINPO45544 at 2132。11570kHzは受信出来ず at 2132

2019.12.15 Sun.
0655 6250kHz 統一のこだま放送 Korean SINPO44544 QRM:Jamming on c/c
→無音、0659 s/on、ID「トンイレ メアリ パンソン イムニダ」、IS、ID(同)、IS、0700 時報、
 開始音楽、0701 開始アナ「…。トンイレ メアリ パンソン …。タンパ … チョタンパ …」
 //-3945kHz SINPO44544 QRM:Jamming on c/c at 0703

| | コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

アメリカのKNLSから返信

アメリカのKNLSに昨年7月21日に受信した短波放送の受信報告書を送ったところ、QSLカードの返信がありました。

最初にEメールでKNLS(at)aol.comとknlsradio(at)gmail.com宛てに送ったのですが、返信が無かったため、昨年10月に手紙で再度受信報告書を送ったところ返信があったものです。

Eメールの受信報告書で返信を得た方もおられますが、私の場合は手紙で受信報告書を送らないと返信がありませんでした。

同局には今まで数回Eメールや手紙で受信報告書を送ったことがありますが返信はなく、返信を得たのは初めてです。

2019/7/21 2100~2159 7355kHz 英語放送受信
受信報告書同封物:米1ドル紙幣
受信報告書作成言語:英語
返信日:2020/1/7
返信日数:75日
返信物:QSLカード(データ記入あり)

01_20200108155201

02_20200108155201

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

Voice of America (VOA)から返信

アメリカのVoice of America (VOA)に昨年12月11日に受信した短波放送の受信報告書をEメールで送ったところ、e-QSLの返信がありました。

送った受信報告書のEメールにUS Agency for Global MediaのTransmission & Engineering Directorate - Broadcast Technologies Divisionから返信メールがあり、その返信メールにe-QSLのPDFファイルが添付されていました。
下の画像はe-QSLのPDFファイルをコピーしてPNG画像化したものです。

返信メールに書かれていたUS Agency for Global MediaのTransmission & Engineering Directorate - Broadcast Technologies DivisionのURLとメールアドレス
www.usagm.gov
qsl(アットマーク)usagm.gov

BCL/DXを始めて約43年になりますが、実はVOA本局からQSLを得たのはこれが初めてです。いつでも受信、受信報告書を送れるだろうと思っていて、機会を得ないまま年月が過ぎてしまいました。

10年程前に海外中継局のIBB Thailand Transmitting Station、IBB Sao Tome Transmitting Station、IBB Philippines Transmitting Station、IBB Sri Lanka Transmitting Stationからは返信を得ていて、その時にVOA本局にも受信報告書を送っていたのですが返信はありませんでした。

月刊短波2019年5月号
http://www5a.biglobe.ne.jp/~BCLSWL/TA1905.html
で上記のメールアドレスで受信報告書を受け付けていることを知り送ってみました。
英語放送を受信して受信報告書を送ろうとしたのですが、いつの間にか同局の英語放送が激減されており、良好に受信出来る周波数が無くなっていたので、仕方なく韓国語放送を受信して受信報告書を送りました。

本当は紙のQSLカードが欲しいのですが、同局本局からはQSLを得たことが無かったので、返信があっただけでもよしとしています。
受信年月日の年が2018年になっているのはご愛敬です。

2019/12/11 2058~2131 5840kHz 韓国語放送受信
Eメールでqsl(アットマーク)usagm.gov宛てに受信報告書送付
受信報告書同封物:無し
受信報告書作成言語:英語
返信日:2020/1/1 Eメールで返信
返信日数:20日
返信物:e-QSL(データ記入あり)
US Agency for Global MediaのTransmission & Engineering Directorate - Broadcast Technologies DivisionからEメールとEメール添付のe-QSLのPDFファイルで返信

Voaqsl

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

東京都狛江市のこまえエフエム(愛称:コマラジ)から2通目の返信

東京都狛江市のこまえエフエム(愛称:コマラジ)に今年10月4日に受信した試験電波の受信報告書を送ったところ、データ記入欄があるにもかかわらず無記入のQSLカードが届いたことは12月19日に報告しました。
http://tvfmdx.cocolog-nifty.com/blog/2019/12/post-60aaa8.html

同局から2通目の返信があり、未記入のベリカードを発送したことが判明したため正規のカードを再送する旨の取締役 技術部長さんの手紙と共に、受信データの記入があるQSLカードが届きました。

嬉しいと同時に、コミュニティ放送局は資金的に余裕のない局が多いため申し訳ない気持ちがあります。

また、礼状に書き添えられていた文によると私の受信報告書が当社到着第一便だったとのことです。

2019/10/4 0504~0605 85.70MHz 試験電波受信
受信報告書同封物:PFC、84円分切手
返信日:2019/12/23(2通目の返信)
返信日数:80日
返信物:QSLカード(データ記入あり)、ベリカード誤配送のお詫びの手紙、礼状(私の受信報告書が当社到着第一便だったとのこと)、ステッカー
取締役 技術部長さんのベリカード誤配送のお詫びの手紙によると、未記入のベリカードを発送したことが判明したため正規のカードを再送させて頂くとのこと。

01

02

03

04

05

06

07

| | コメント (0)

«東京都狛江市のこまえエフエム(愛称:コマラジ)から返信