« とつかエフエムのQSL | トップページ | DRM 4/17 »

2009年4月16日 (木)

DRM放送に初チャレンジ

今更ながらですが・・・
以前から受信してみたかった短波のDRM放送の受信にチャレンジしてみました。

今日は体調不良で仕事を休んでいたので、寝たり起きたりで合間をぬって受信。
数日前、FさんからAR5000A+3でもコンバーターなしで、
SSB、IF 15kHzで受信出来るとの助言を頂いていました。

初めてのDRM受信チャレンジ、しかもイレギュラーなやり方なので、
試行錯誤しながら受信。

DRM復調ソフトのDreamは下のサイトからDL。
最初は多くのブログなどで紹介されている他のサイトにあるDreamをDLしたのですが、
そちらのものはなぜかソフトがうまく起動しませんでした。

Lyssna pa DRM med DREAM - Latest DREAM version for download
http://deimert.se/drm/

AR5000A+3の外部スピーカー端子から音声分配用の4chヘッドホンアンプには
元々繋がっていたので、この4chヘッドホンアンプから、
PC1号とPC2号のサウンドボードに各々接続。

PC1号のサウンドカードはCreative Sound Blaster X-Fi Xtreme Music(PCI接続)で
マイク/ラインイン入力に接続。

PC2号のサウンドカードは
Creative PCI Express Sound Blaster X-Fi Xtreme Audio(PCI接続)と
Creative USB Sound Blaster Digital Music SX(USB接続)
の2つで、
USB Sound Blaster Digital Music SXのラインインに接続。
PC2号の音声設定は再生録音共にSound Blaster X-Fi Xtreme Audioに設定してあり、
DRM復調ソフトのDreamのSound INをUSB Sound Blaster Digital Music SXに設定。

アンテナはTV・FM-DX用のCLP5130-1(50~1300MHz)をそのまま使いました。
以前書いたようにAN-1は設置場所が悪いらしくノイズが多くて、
周波数が違っていてもCLP5130-1の方がノイズが少ないのです。

まず、昼間の受信局。

1111~13時台 15735kHz Vocie of Russia(推定。データ表示の局名が「---」)
1355~1500 c/off 17525kHz Deutsche Welle
1501~1558 c/off 11675kHz RNZI(Radio New Zealand International)

これらの局は主にデータ表示画面のみ断続的に復調でき、
音声はPC2号でDeutsche Welleが少しだけ断続的に復調・聴取出来ただけでした。

AR5000A+3の設定はUSBが良く、IFは15kHz、30kHzどちらでもいいですが、
30kHzの方が若干良いようです。
周波数は実際の周波数よりも5kHzくらい低いところに合わせると良く復調出来ました。
Vocie of Russia(推定)なら15730kHz、Deutsche Welleなら17520kHzです。

さて、驚いたのはその後、夕方のKFBS SaipanのDRM放送です。

1800~1859 s/off 11650kHz KFBS Saipan

信号が強力なようで、データ表示が常時表示されたのですが、
PC2号の音声を聞くと、音声が断続的に聞こえており、
色々設定を調整すると、なんと音声が途切れることなく、
ずっと復調、聴取出来たのです!
コンバーターを使わないイレギュラーなやり方で
まさか常時音声を聞くことが出来るとは思ってもいなかったのでびっくりです。
内容は音楽と英語のテスト放送のIDで、もちろんIDもクリアーに聞こえました。
PC1号ではPC2号に比べると音声が復調出来る時間は少なかったです。

AR5000A+3の設定はUSB、IFは15kHzでは音声が断続的にしか復調出来ず、
30kHzでは常時復調出来ました。
どうやらIFは15kHzよりも30kHzにした方がベストなようです。
周波数は11645~11638kHzの間に合わせると音声が常時復調出来ました。

受信出来る局は限られますが、DRM放送の受信もなかなか面白いですね。


Vocie of Russia(推定) 15735kHz 1334

20090416_1334

Deutsche Welle 17525kHz 1430

20090416_1430

RNZI(Radio New Zealand International) 11675kHz 1513

20090416_1513

KFBS Saipan 11650kHz(11645kHz) 1846
カッコ内は実際にAR5000A+3を合わせた周波数。
音声はステレオではなかったようですが。

20090416_1846_11650_11645

KFBS Saipan 11650kHz(11641kHz) 1847

20090416_1847_11650_11641

KFBS Saipan 11650kHz(11638kHz) 1849

20090416_1849_11650_11638

KFBS Saipan 11650kHz(11643kHz) 1857
データ表示が変わり、音質も悪くなりました。

20090416_1857_11650_11643

KFBS Saipan 11650kHzのDRM放送復調音声です。

http://konsu.sakura.ne.jp/drm/20090416_1812_11650khz_drm.mp3

 
これを書いていた間、22時台にVocie of Russia 9445kHzの
ヒンディー語放送も断続的に音声が復調出来ました。

|

« とつかエフエムのQSL | トップページ | DRM 4/17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« とつかエフエムのQSL | トップページ | DRM 4/17 »