« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月27日 (水)

IBB Sao Tome Transmitting Stationから返信

昨日のタイに続いて、今日はサントメのIBBから返信がありました。
IBB Sao Tome Transmitting Stationです。
Voice of Americaを0459~4940kHzで受信しました。

2009/5/6 0459~0527 4940kHz 英語放送受信

P1010001

| | コメント (6)

2009年5月26日 (火)

IBB Thailand Transmitting Stationから返信

IBB Thailand Transmitting Stationから返信がありました。
Voice of Americaの2100~の7575kHzを受信したものです。
受信では中継局のIDは出ませんが・・・。
返信料として送ったUS1$紙幣は送り返してくれました。

2009/4/30 2100~2135 7575kHz 英語放送受信

P1010001

| | コメント (0)

2009年5月20日 (水)

Radio New Zealand International(DRM放送)から返信

Radio New Zealand Internationalから返信がありました。
DRM放送受信に対する返信です。
DRM放送のQSLは初獲得です。

2009/4/18 1555~1558 11675kHz 英語放送 DRM放送受信

P1010001

| | コメント (0)

2009年5月17日 (日)

SBC(信越放送)から返信

数年前に受信報告を送った時はQSLカードがなく、PFCで確認してもらったのですが、
最近、どこかの方のブログで同局がQSLカードの発行を再開したと知り、
早速、受信報告を送りました。
もちろん(?)、TVのJ11chを受信したものです。

2009/5/5 0225~0300 J11ch 音声のみ受信

P1010002_7

| | コメント (0)

2009年5月12日 (火)

ニッポン放送、WWVHから返信

受信報告を送りまくってますが、第1弾が来ました。

ニッポン放送 1kW減力試験電波の受信で、「足立予備送信所1kW 受信確認」の
スタンプが押してあります。

2009/4/20 0141~0202 1242kHz受信

P1010001_7

ハワイのWWVH。あちこちのHPやブログで見かける昔からのQSLカードとは
デザインが変わっています。

2009/4/26 1655~1711 10000kHz 英語放送受信

P1010002

| | コメント (0)

2009年5月10日 (日)

Miraya FMからのe-mail返信

下の受信ログで5/7の0008~受信した15650kHz Miraya FMの受信報告を
5/9の朝0500前にe-mailで同局HPにあるメールアドレス宛てに送ったところ、
わずか2時間足らずでe-mailで返信がありました。
QSLカードを送り始めるようです。

2009/5/7 0008~0031 15650kHz 英語放送受信

-------------------------------------------------------------
Dear Mr. XXXX

Thank you for your kind email yes this is Miraya FM, currently we don't have
Cards but I will make sure that u will recive one as soon we start sending
cards

Haitham Mekkawi
Miraya's FM Webmaster

-------------------------------------------------------------

返信最短記録ですw

| | コメント (0)

最近の短波・中波受信ログ

これまた「ふと思い立った」パターンですが、
「そういや俺VOAや海外時報局のQSL持ってなかったな」と思い、
VOAや時報局を聞いて受信報告を送ろうと検索などしてたところ、
VOAの中継局(IBB)も独自にQSLを出していたり、
BBCの中継局も独自にQSLを発行、
そしてDRM放送受信時に影山さんのBBSを見ているうちに
影山さんBBSで皆さんが受信している短波局も参考にして受信したりして、
最近短波局をちょこちょこ聞いて受信報告を送ったりしています。

郵便局でIRCを買おうとしたら、在庫がないと5枚しか買えませんでした。
しかもなぜか3枚+2枚の別清算でした。
今発売中のIRCは今年年末まで有効なんですね。
もっとも私も米1$紙幣を多用しているので、あまり障害はありませんが、
米ドル紙幣はダメなところもあるようで、IRCも一応持っておきたいですね。

最近の受信ログです。国内中波も混じってますが。

RX:AR5000A+3 ANT:CLP5130-1

VOAの送信地はHFCC A09 Operational Scheduleのリスト、BBCはBBC World Serviceのサイトページからの推定。

受信日
受信時刻 周波数 局名 言語 SINPO 内容

2009.04.20 Mon.
0141 1242kHz ニッポン放送 JJ 24442 0142他ID。1kW減力試験電波

2009.04.26 Sun.
1425 15000kHz BPM CC 44444 1429,1459 音声ID

1757 17760kHz BBC World Servicre(via BBC Asia Relay Station, Thailand) EE 45444 IS、1759 途中からs/on

1757 9740kHz BBC World Servicre(via BBC Far Eastern Relay Station, Singapore) EE 35333 //-17760kHz

1825 10000kHz WWVH EE 44443 1659 音声ID

2009.04.30 Thu.
2052 9760kHz Voice of America(via IBB Philippines Transmitting Station) EE 44444 2058 ID&IS、2100 s/on

2100 7575kHz Voice of America(via IBB Thailand Transmitting Station) EE 454443 //-9760kHz

2009.05.02 Sat.
0720 15525kHz HCJB Global Voice EE/JJ 45443 英語放送、0730~日本語放送(日本語放送開始45周年記念番組)

2009.05.04 Mon.
0557 5905kHz BBC World Servicre(via BBC Eastern Relay Station, Oman) EE IS、0559 途中からs/on

1757 9740kHz BBC World Servicre(via BBC Far Eastern Relay Station, Singapore) EE 44444 1757 IS、1759 途中からs/on

2057 7575kHz Voice of America(via IBB Thailand Transmitting Station) EE 454443 2057 c/on、2059 ID&IS、2100 s/on

2009.05.05 Tue.
1757 9740kHz BBC World Servicre(via BBC Far Eastern Relay Station, Singapore) EE 44444 1757 IS、1759 途中からs/on

2009.05.06 Wed.
0208 15120kHz Voice of Nigeria EE 454443 0210 ID

0450 11725kHz Radio New Zealnad International EE 35333 0450 c/on、IS、0451 s/on

0459 4940kHz Voice of America(via IBB Sao Tome Transmitting Station) EE 25432 0500 "African Beat" w/ID

0527 9765kHz Radio Romania International EE 35443 IS、0530 s/on。//-9690kHz

0550 13730kHz Radio New Zealnad International EE 35443 0550 c/on、IS、0551 s/on

0600 12095kHz BBC World Servicre(via BBC Atlantic Relay Station, Ascension) EE 35333 0600 c/on、途中からs/on。//-9915kHz(Ascension) at 0615

1757 9740kHz BBC World Servicre(via BBC Far Eastern Relay Station, Singapore) EE 44444 1757 IS、1759 途中からs/on

2057 7575kHz Voice of America(via IBB Thailand Transmitting Station) EE 454444 2057 c/on、2059 ID&IS、2100 s/on

2009.05.07 Thu.
0008 15650kHz Miraya FM(via Slovakia) EE/AR 35333 0010,0011,0018 Canned ID

2125 10000kHz WWV EE 32432 2130 音声ID。夜の20~22時台にWWVHのバックで聞こえることが多いようだ。BPMはWWVHに潰されている

2325 15140kHz Radio Sultanate of Oman EE 35443 2330 鐘の音、ID"This is Radio Sultanate of Oman. 90.4 FM"。FMの90.4MHzを中継しているらしい。

2357 15650kHz Miraya FM(via Slovakia) EE/AR 25322 2357 c/on、2358 途中からs/on、0001 Canned ID

2009.05.09 Sat.
0159 15120kHz Voice of Nigeria EE 45443 0159 c/on、s/on

0515 7555kHz Voice of America (via IBB Kuwait Transmitting Station) XX/EE 不明語放送、0530 英語放送"Special English"

0600 9915kHz BBC World Servicre(via BBC Atlantic Relay Station, Ascension) EE 34443 0600 c/on、途中からs/on

2009.05.10 Sun.
0118 7200kHz VOIRI Pushto(?) 44444 0118 c/on、0127 IS、0130 s/on

| | コメント (0)

海外日本語放送からの返信

昨年、「しばらくTV・FM-DXに夢中になっているうちに
海外日本語放送でQSLを貰っていない局があるなあ」と思い立ち、
まだQSLを得ていなかった局に受信報告書を送りました。
日本の局も混じってますが、一応返信状況データです。

国名、局名、受信データ、同封物、返信物、返信日数、備考 の順。

England / Russia
Bible Voice Broadcasting/希望の灯
2008年6月22日 5910kHz(ロシア送信) 日本語 受信
80円切手
Bible Voice BroadcastingのQSLカード(データ記入あり)、礼状、放送スケジュール表、本
4日
我孫子バプテスト教会宛て送付

日本 / 中華民国
ふるさとの風
2007年7月15日 9780kHz(台湾送信) 日本語 受信
80円切手
礼状(ベリカードを発行していない旨)、拉致問題のパンフレット
8日
内閣官房拉致問題対策本部事務局宛て送付

Mongolia
モンゴルの声
2008年6月23日 12085kHz 日本語 受信
米1$紙幣
QSLカード(データ記入あり)
14日

日本
Eagle 810(AFN Tokyo)
2008年6月24日 810kHz 英語 受信
80円切手
QSLカード(データ記入なし)、ステッカー、RADIO PROGRAM SCHEDULE
18日
横田基地宛て送付

England / Russia
Bible Voice Broadcasting/聖書と福音
2008年6月22日 5910kHz(ロシア送信) 日本語 受信
米1$紙幣
Bible Voice BroadcastingのQSLカード(データ記入あり)、スケジュール表
62日
イギリス宛て送付。日本語受信報告書作成。
カナダから返信

USA / Russia
ファミリー・ラジオ
2008年6月21日 7245kHz(ロシア中継) 日本語 受信
米1$紙幣
QSLカード(データ記入あり)、ステッカー2枚、スケジュール表、FAMILY RADIO NEWS、宗教冊子3つ
62日
英語受信報告書作成

Hawaii
KWHR・福音の宝
2008年6月28日 9930kHz 日本語 受信
80円切手
QSLカード(データ記入あり)、宗教小冊子
68日
狭山郵便局私書箱宛て送付

Iran
IRIBイランイスラム共和国国際放送ラジオ日本語
2008年6月23日 9690kHz 日本語 受信
返信料同封なし
QSLカード(データ記入あり)、礼状、番組表、QSLカード名誉証書の進呈について、小冊子
134日
※↓2通目の返信
 2009年1月6日到着
 年賀カード、カレンダー

Hawaii
KWHR・主の来臨に備えて
2008年6月22日 13650kHz 日本語 受信
米1$紙幣
QSLカード(データ記入あり)、小冊子コピー、押し花
161日
米国宛て送付。日本語受信報告書作成

| | コメント (0)

2009年5月 4日 (月)

海外用TV JVC CX-60ME(K)完全復帰

故障していた海外用TV JVC CX60ME(K)が修理から戻ってきたことはBBSの方に書きましたが、
今日はアンテナコネクター部分をFコネに変えました。

元々このTVのアンテナコネクターはPAL型だったのですが、
購入当時にそれを強引にMコネに変えてずっと使ってました。

こんな感じ

(削除)

でもやっぱコネクターはPAL型がいいし、、
今のシステム構成上PAL型に戻したいなーと思い、
修理時にJVCについでに頼みましたが、
やはり古い機種なので不可。
じゃ、Fコネでもいいやと思い、秋月電子で事前にFコネを買っておきました。

TVの中を開けると、さすが20年物・・・ほこりで汚いですw

(削除)

メーカーも修理時に掃除してくれればいいのに
とちょっと文句をたれましたが、直っただけでもよし?
あんまり綺麗にしすぎても支障が出ると困るので、
掃除機で適当に掃除。
しかし、こんなTVを使うのはちょっと不安もありますね。
まあ、近隣諸国もTVはデジタル化されますし、
使っても5年くらいかな?と開き直ってみる・・・。

コネクター部分はMコネ装着時に大きな穴を開けていたので、
製作用の基板を使って(w、小さな穴にして、Fコネ装着。
去年死んだ親父の遺品(?)の電気ドリルや糸ノコなど、
ちょっとしたものを作るための道具は沢山あります。

左が装着したFコネ、右が元のMコネ。
Mコネに付いているコンポジットコネクター付きケーブルは
元々CX-60MEのアンテナコネクターの内部接続に使われていたもの。
元々CX-60MEのアンテナコネクター部分は
コンポジットコネクター→ケーブル→PAL型コネクターとなっていたのです。
Fコネはかなり強引に装着していて、こういうことに慣れている方から見ると、
突っ込みところ満載かもしれませんが、
こういう作業に慣れていない私からすれば、よくできた方だと満足・・・w
ちょっとストロボ当てすぎました・・・。

(削除)

組み立てなおして、早速ワッチしてみると、C1chの中国のTVを受像。
なんかちゃんと復活したみたいです・・・。
写真じゃよくわかりませんが、カラーになっています。

(削除)

14型のSONY KV-AR142M80はD-100のモニター専用にして、
TV画像の同時ワッチが出来るようになりました。
これで2つのチャンネルのTV画像の同時パラチェックも出来ます。
これが意外と長年の夢だったのです。

(削除)

写真には撮れませんでしたが、このあともっと綺麗にカラーになり、
江蘇城市と確認出来ました。

たいした作業じゃないかもしれませんが、
工作ごとをあまりしない私にはちょっとした大仕事でした。

| | コメント (2)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »