« 2010年3月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年4月

2010年4月27日 (火)

希望之声国際広播電台から返信

中国向け地下放送(?)の希望之声国際広播電台から返信がありました。
約10カ月で返信。

2009/6/21 0031~0100 12125kHz 中国語放送受信

P1010002
P1010003

| | コメント (0)

2010年4月22日 (木)

FM多摩から返信

FM多摩の閉局日、閉局の時間までの受信報告を
ダメ元で送ったところQSLなどの返信がありました。
閉局は残念ですが、記念のQSLになりました。
15年でQSL490枚発行したんですね。
余ったのかな?

2010/3/31 2120~2400 77.6MHz受信

P1010001
P1010004

| | コメント (0)

2010年4月16日 (金)

STVラジオから返信

STVラジオも3/28をもってAMステレオ放送を廃止しましたが、
その最終日の放送終了時を受信して受信報告を送り、
QSLカードが届きました。
しかしまたしても残念ながらAMステレオ受信の旨は記入してくれませんでした。
最終日の終了アナウンスも紹介しておきます。

STVラジオ 1440kHz 3/29 0159~ AMステレオ受信
http://konsu.sakura.ne.jp/up/stv.mp3

2010/3/29 0126~0201 1440kHz AMステレオ受信

P1010002_6

 

| | コメント (0)

2010年4月11日 (日)

DEGEN DE1103DRM

3月にアイキャスエンタープライズからDEGEN DE1103DRMを購入しました。
DE1103のDRM放送対応機種です。送料込みで13650円也。

早速DRM放送の復調にチャレンジしているわけですが、
DRM放送はまったく復調出来ません(涙)

先ほども1400~1500 17525kHzのDW(スリランカ中継)の
東アジア向け英語放送にチャレンジしました。

こんな感じでアンテナはCLP5130-1からの同軸ケーブルを
ワニ口クリップでミニプラグに強引(?)に繋いでいます。

P1010002

で、PCのDreamの画面はこんな感じでデータ表示すら全く出ません・・・。

A

このアンテナをAR5000A+3に繋ぎ、
AR5000A+3の裏ワザ(-5kHz低い周波数に合わせ、USBモード、IF30kHz)で
受信するとちゃんとデータ表示されます。

B_2

SNR自体低いのですが、
AR5000A+3でほぼ常時データ表示するのに対し、
DE1103DRMでは全くデータ表示が出ません。

同じPC、ソフトを使っているのでPCに問題があるとは思えません。
DE1103DRMで普通の短波放送は良好に受信出来ます。
DE1103DRMで地元中波局を受信し、DreamでAMモードで復調すると
それはちゃんと復調出来ます。
電源は電池使用です。

通信機型とポータブルラジオの違いとは言え、
あまりにも差がありすぎるような気がしています。

昼のVoice of Russia 15735kHz、夜のVoice of Russia 9445kHzで試しても
結果は同じです。
昨年のKFBSのような超強力なDRM放送があれば
もっとはっきりした結果が出るとは思いますが・・・。

これはDE1103DRMが故障しているのでしょうか?
それともそもそもDE1103DRMはこの程度の受信機なのでしょうか?
どなたかDE1103DRMでDRM放送の復調に成功した人はいますか?

せっかく購入したのに困り果てています・・・。

| | コメント (2)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年8月 »