« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

RFI (Radio France International)から返信

RFIは今ではQSLは発行しておらずTDFでQSLを発行していると
あちこちのブログで見かけたので、TDFに受信報告書を送ったら
受取拒絶で返送されて来たことは以前書きました。
http://tvfmdx.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/tdf-1bf8.html

ところが今年の4月にTDFと一緒にRFIにも受信報告書を送っていたのですが
なんとRFIの方からQSLカードの返信がありました。
どうやらRFIでQSLカードの発行を再開したようです。

QSLカードとは言ってもPCで作成したらしいペラペラのカードで
裁断も雑でお世辞にも良いQSLカードとは言えませんが
返信がないよりはマシかと思っていますw

2012/4/18 1628~1736 13695kHz フランス語放送受信
IRC1枚同封 英文受信報告書
返信日数:A194A

P1010001
P1010002
P1010003
P1010004

| | コメント (11)

2012年10月29日 (月)

2007年10月~2008年にTV・FM局(異常伝搬受信局)から得た返信

異常伝搬で受信したTV・FM局からの返信は
HPの「TV-FM DX QSL Gallery」
http://konsu.sakura.ne.jp/qsl/qsl.html
に掲載していましたが、掲載を簡略化するため、
2009年からはこのブログに掲載するようになりました。

その移行期にあたる2007年10月~2008年の間に得た返信は
どちらでも紹介していなかったので、
ここでまとめて紹介します。
数の関係から異常伝搬で受信した局だけを紹介します。


福島中央テレビ
2007/09/14 J33ch 音声のみ トロッポ受信
2007/10/05返信
返信日数:4日

P1010001
P1010002
P1010003


テレビユー福島
2007/09/14 J31ch 音声のみ トロッポ受信
2007/10/09返信
返信日数:8日

P1010004
P1010005
P1010006


福島放送
2007/09/15 J35ch 音声のみ トロッポ受信
2008/02/23返信
返信日数:157日

P1010007

P1010008_2


FM愛知
1990/08/13 80.7MHz トロッポ受信
2008/06/28返信
返信日数:4日
※2008/06現在、受信困難になってしまったため、
 受信音が残っていた1990年受信時の受信報告書を
 録音CDを同封して送付

P1010010

P1010011

P1010012

 

FM三重
1990/02/15 80.4MHz(尾鷲中継局) 山岳回折受信
2008/07/02返信
返信日数:8日
※2008/06現在、受信困難になってしまったため、
 受信音が残っていた1990年受信時の受信報告書を
 録音CDを同封して送付

P1010013

P1010014

P1010015

 

NHK仙台総合テレビジョン
1990/08/16 J3ch 音声のみ トロッポ受信
2008/07/04返信
返信日数:4日
※2008/06現在、受信困難になってしまったため、
 受信音が残っていた1990年受信時の受信報告書を
 録音CDを同封して送付

 

P1010017

 

FM新潟
1990/08/13 77.5MHz トロッポ受信
2008/07/11返信
返信日数:17日
※2008/06現在、受信困難になってしまったため、
 受信音が残っていた1990年受信時の受信報告書を
 録音CDを同封して送付

P1010019

P1010020

P1010021


ラジオ沖縄
2001/05/13 86.3MHz(国頭中継局) Eスポ受信
2008/07/22返信
返信日数:8日
※2001年受信時の受信報告書を送付

P1010022

P1010023

P1010024


RBCラジオ・琉球放送
2001/06/03 88.8MHz(国頭中継局) Eスポ受信
2008/07/23返信
返信日数:9日
※2001年受信時の受信報告書を送付

P1010025

P1010026

P1010027


NHK名古屋総合テレビジョン
2008/10/29 J3ch 音声のみ 山岳回折受信
2008/11/09返信
返信日数:5日

P1010028

P1010029

P1010030

| | コメント (0)

2012年10月23日 (火)

Radio Romania Internationalから返信

Radio Romania InternationalのDRM放送を受信して
同局HPのReception Reportフォームから受信報告書を送ったところ
返信がありました。

2012/9/17 0544~0553 9700kHz 英語放送 DRM放送受信
同局HPのReception Reportフォームから送付 英文受信報告書
返信日数:HP36A

P1010001

P1010002

P1010003

| | コメント (0)

2012年10月14日 (日)

Radio Telefís Éireann(RTE)から返信

9月にRTE Radio 1のスポーツ中継のアフリカ向け特別短波放送を受信して
受信報告書を送ったところ、QSLカードの返信がありました。
同局から返信を貰ったのも初めてです。

2012/9/10 0030~0100 17540kHz (via South Africa) 英語放送受信
IRC1枚同封 英文受信報告書
返信日数:A16A
(IRCは返送されてきました)

P1010001
P1010002
P1010003

| | コメント (2)

2012年10月 3日 (水)

Radio Hargeisaから返信(ドイツの代表事務所より)

この夏から新短波送信機からの放送が聞こえ始めたソマリランドのRadio Hargeisaですが、
以前から多くの方が返信を受け取っているドイツの代表事務所に受信報告書を
送ったところ、QSLカードの返信がありました。

同局にも直接Eメールで受信報告書を送ってありますが、まだ返信はありません。

同局に郵便で送ることも考え、ソマリランドに直接郵送はできませんが、
エチオピア経由で送れないものかと考えました。

ネットで調べると漫画家のやくみつるさんなど日本人旅行者が
エチオピア経由でソマリランドに行っており、
昔、カンボジアのポルポト政権が倒れ、ベトナムの支援を受けたヘンサムリン政権が
新しい海外向け放送を始めた時に、カンボジアに直接郵送はできなかったものの、
ベトナム経由でカンボジアの海外向け放送局に郵便が送れたことがあり、
この方法が今回も使えないかと考えたのです。

ところが、更にネットでよく調べてみると、ソマリランドでは郵便事業自体が
稼働していないそうです。
郵便局の写真も見かけましたが、酷い廃れ方でした。
これではエチオピア経由でもソマリランドへは郵便が送れないかもしれません。

2012/9/20 0300~0359 7120kHz ソマリ語(?)放送受信
米1ドル紙幣2枚、自分の名前住所シール同封 英文受信報告書
返信日数:A10A
(同封した自分の名前住所シールは返信に使われず)

P1010001
P1010002
P1010003

| | コメント (2)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »